データベースリレーション
ツール>オプションから「設定2」タブを開きます。

外部のデータベースとの接続設定を行います。


データベースリレーション
属性の特定のフィールドをキーに外部のデータベースに接続し、属性の一部として表示する機能です。
接続したデータベースの内容は属性の一部として取り扱うことが可能です。
表示用の属性はを図形データと切り分けておくことで、図形データの取り回しが大幅に効率化されます。


参照元レイヤー情報
データベースリレーションの接続元の設定を行います。
データベースを接続したいレイヤー名とリンクキーと指定使用したいフィールド名を指定します。


参照先レイヤー情報
データベースリレーションの接続先の設定を行います。
接続先のデータベースのフルパス、接続するテーブル、リンクキーとして使用したいフィールド名を指定します。


リンク結果
データベースリレーションのが成功した結果。
リンクして表示された属性は項目名には接頭詞「db.」が追加されます。


他の表示項目への応用
リンクして表示された属性は他の設定の参照にも使用できます。
図はラベル表示にリンク先のテーブルの「地目」を表示する例です。リンク先の項目なので頭に「db.」をつける
実は現状では隠し機能で、リストボックスには表示されませんので直接指定します。

※現在速度面の調整中です。


検索
データベースリレーションの接続先の項目を検索対象にすることもできます。

※現在速度面の調整中です。



 

(デスクトップ版マチルダの詳細マニュアル一覧に戻る)

(デスクトップ版マチルダの全体的な紹介ページを表示)

(デスクトップ版のアプリケーション更新履歴)