ファイルメニューの説明
ここではファイルメニューの補足を紹介します。

データをエクスポート
レイヤーを各種形式にエクスポートします。


現在は以下の形式にエクスポートできます。

属性値を持つ形式に出力する場合は再現に必要な情報はできるかぎり属性値に保存されます。(例:色、文字高)
出力範囲の設定でビューに見えている範囲だけエクスポートすることも可能です。


設定値をiniファイルに保存
通常、プロジェクトファイルを開いている場合にMatildaを終了すると、Matildaの各種設定値はプロジェクトファイル内に保存されます。(<Matilda>ブロック)
「設定値をiniファイルに保存」を実行すると設定値を即座に「matilda.ini」ファイルに保存します。

※補足情報
少し古いプロジェクトファイルでファイル内に<Matilda>ブロックがないときに、 プロジェクトファイルを開いた際は「matilda.ini」の情報を使用して表示します。
このプロジェクトファイルを保存すると<Matilda>ブロックがファイル内に保存されます。

保存と終了
「保存」
「保存せずに終了」
「保存して終了」

これらの項目はプロジェクトファイルには影響を与えません。
SHPファイルなどの図形ファイルの変更状態を保存するか選択します。
属性の編集も図形ファイルの変更として扱われます。


 

(デスクトップ版マチルダの詳細マニュアル一覧に戻る)

(デスクトップ版マチルダの全体的な紹介ページを表示)

(デスクトップ版のアプリケーション更新履歴)