PixelStore(ピクセルストア)
PixcelStoreというSQLite形式のデータベースでラスター画像表示を超高速化する仕組みがあります。
特徴として、よくある航空写真が数百枚レベル(例えば500枚以上)というクラスのプロジェクトでも、このPixelStore形式で読み込むと一瞬で表示することができます。また、感覚は個人差があると思いますが、描画スクロールや拡大縮小の速度バフォーマンスでもかなり高速で、ECWやMrSIDよりも体感速度で高速に感じることができます。
原則としてSQLiteデータベース形式であるため、モバイルマチルダやタッチマチルダ、ASP.NETマチルダなどでも互換性があり同様に扱うことが可能です。

   
数百面単位のラスター画像を1ファイルに1レイヤーにすることができ、さらに通常のレイヤーと同様に透過処理などもサポートされています。

作成方法
方法はメニューバーの「ファイル(F)→画像をピクセルストアにエクスポート(X)」を選択すると、専用ダイアログが表示されます。


PixcelStoreというSQLite形式のデータベースでラスター画像表示を超高速化する仕組みがあります。
特徴として、よくある航空写真が数百枚レベル(例えば500枚)というクラスのプロジェクトでも、このPixelStore形式で読み込むと一瞬で表示することができます。また、描画スクロールや拡大縮小の速度バフォーマンスでもかなり高速で、ECWやMrSIDよりも体感速度で高速に表示することができます。
原則としてSQLiteデータベース形式であるため、モバイルマチルダやタッチマチルダ、ASP.NETマチルダなどでも互換性があり同様に扱うことが可能です。

数百面単位のラスター画像を1ファイルに1レイヤーにすることができ、さらに通常のレイヤーと同様に透過処理などもサポートされています。

対象の選択

対象の選択は画像の読み込み方法を指定します。読み込み方法とは、次の方法のどちらかになります。

・現在ビューに表示されている画像
メイン画面に読み込まれているラスター画像が対象になります。


・リストに登録されている画像
エクスプローラーからドラッグ&ドロップでこのリストボックスにファイル名を置きます。メイン画面に表示されている既存のデータには何も影響なく処理可能です。たくさんのラスター画像を一括でバッチ処理するときなどはこちらの方が高速に動作します。

登録フォーマットと配色設定
PixelStore形式でSqliteに登録する際のフォーマットの指定として、JPEGとPNGがあります。
PNGの場合は、色の指定として標準RGBの他にアルファチャンネルを追加したARGB指定が可能です。
余白」が出るような時はその余白部分の表示の扱いに応じた設定をすることができます。

JPEGで指定したとき
一見普通に見えますが、ビュー画面の背景が白い時はこのように表示されます。


しかし実際には、白く塗りつぶされているだけなので、もし黒い背景に表示すると次のようになります。


PNGで指定したとき
配色設定をARGBに指定したときは、黒い背景でもちゃんとその部分が透けて(透過で)見えます。
RGBに指定したときは、JPEGと同じように表示されます。


白い背景でもその部分が透けて(透過で)見えます。

登録画像の精度について
SQLiteに登録されてる画像の精度は、現在カスタマイズできるように開発が進められています。
(現状はカスタム設定は未対応)

透過PNGファイルの作成について
PixelStore形式で透過画像を作成するために、あらかじめ透過設定をしたPNGファイルを準備します。
以下はIrfanViewでのPNG保存時の設定例です。


ARGBのA(アルファチャンネル)で透過を指定しますので、アルファチャンネルに透明設定を保存します。
保存時に透過色を指定する必要があるので、透過したい箇所をクリックします。
※Photoshop等の画像編集ソフトで処理すれば半透明の表現も可能です。

 
(デスクトップ版マチルダの詳細マニュアル一覧に戻る)
(デスクトップ版マチルダの全体的な紹介ページを表示)
(デスクトップ版のアプリケーション更新履歴)