exeファイル1個で動くインストール不要の超高速GIS
世に出回っているその辺のGISシステムやアプリケーションよりも確実に体感速度で速いと感じるGISアプリケーションです。 10年以上前のノートパソコン(Core TM solo 1.06 GHz)でも起動して高速動作し、最近のそんなに新しくないPCでも起動時間は3秒以下。

無駄な機能を一切取り除き、より実戦的に動作させることだけに集中して開発されています。10万筆オーバー(150万頂点クラス)のファイルでもサクサクと動きます。一般的なGISに比べても格段に速く、検索や計測、印刷、データ編集(新規入力、編集、削除等)など一通りの一般機能を搭載しています。またエンジンとしても様々な納品成果として導入実績があります。

Shape File(シェープファイル)、PostGIS、Personal Geo、 FileGEO、QGIS、GeoMedia、OGR/GDAL、MicroStationDGN、NIGMAS NIF2、AutoCAD DXF、DWG、DMフォーマット、MapInfo MIF、GeoTIFF、JPG、ECW、MrSID、3次元レーザー計測した点群データ(LiDAR *.las)や国土地理院の提供するオンライン地図や航空写真など、もっと他にもありますが一応一通りの読み込み表示が可能で、ドラッグ&ドロップでウィンドウに置くだけで「とても簡単に」表示可能です。


面倒なインストールという作業は一切必要なくコピーするだけ。 基本的にはexeファイル1つで動作します。 動作環境は公式にWindows10以上としていますが、大昔のWindows2000やXPでもそれなりに動作します。

Windowsネイティブ版のほかにMacOS版、さらにモバイルのiPad版、ブラウザ上で動作するASP.NET版が既に存在しています。エンドユーザー様の用途に合わせて環境が選べるGISはMatildaだけです。


スクリーンショット


※国土交通省の国土地理院が一般公開している基盤地図情報の大阪エリアや DMデータと航空写真を重ね合わせたサンプル。

インストールなしの強み
基本的にはフォルダに置いたexeを実行するだけで利用可能。他の使い方としてはファイルサーバーなどにexeファイルを1つ置き、ネットワーク上のPCからそのexeへの ショートカットのみでも起動して利用できます。
このアドバンテージはこのアプリケーションならではのもので、ウェブ版のメリットであるメンテナンスしやすさと、ネイティブ版のスピードとレスポンスをいいとこ取りした画期的なアプリケーションと言えるのです。

属性保存用のデータベースはAccessなどのMDBでもOK。CDやDVDの配布用として直接焼き込んだり、USBの中に入れ込んだりして配布することもできます。エンドユーザー様には、なにもインストールせずそのまま使って頂く事も可能。現代の高セキュリティ環境においても、気軽に導入できる仕組みとなっており、用途やデータ量に応じた無駄のない構築ができ、特に各自治体様や市町村様など、セキュリティが厳しい環境で、いわゆるインストールという行為が難しい環境でも気軽にまとまった台数分導入することができます。

自動バージョンアップ
面倒なアップグレード作業は不要です。 まるでスマホのアプリの様に最新のバージョンを好きなタイミングで利用できます。

ボタン1クリックで自動バージョンアップ!
外部アプリと簡単に連携
オリジナルで作られたアプリケーションやシステムに制御命令を送ったり受けたりが簡単にできます。 ExcelやAccessのVBAやPython等、慣れた環境で操る事ができます。非常に柔軟性の高いシステム構築が可能。


詳しくはこちらのページへ



価格
アプリケーション本体のライセンスはサブスクリプション方式(年間契約)となっております。
ただし試用として10分間無制限でご利用いただけます。

詳細はこちら
サブスクリプション費用については当社へデータ整備、入力編集などの発注分へ合算していただけます(詳細はお問い合わせください)

MobileMatildaの価格についてはこちら

使用方法
起動方法は、matilda.exeを実行するだけです。
インストール作業の必要はありません。

地図データは エクスプローラからドラッグ&ドロップでこのウィンドウ上に持ってくると開きます。

できるだけ直感的な操作ができるように設計され、3次元でもカメラ視線の変更、ビューイングの角度の変更など一通りの操作ができます。

シェープ属性の表示
ポリゴンやポイントのデータ属性として定義されているDBFファイルのフィールド項目は、 「とても簡単な操作で」フォント属性をビジュアルに指定してテキストラベルとして表示できます。

カスタムシンボル等の表示
シンボルおよび線シンボルの表示を設定することができ、国土基本図の大縮尺地図の地図記号表現が可能です。


シンボルはSVGファイルで自由に定義できます。
※国土地理院の大縮尺記号地図のシンボル一覧はこちら
3次元表示
最近は3次元データへの要求が増えてきていますが本アプリケーションでは ボタン1クリックで簡単にかつ高速に利用できるように設計されています。

※3次元機能を利用するときはDirectXが正常に動作する環境が必要です
ウェブ上のデータを直接表示
国土地理院の数千(約6500件以上)を表示したり、 オープンストリートマップNASAのリアルタイム人工衛星の写真OpenGISのWTMS(ウェブマップタイルサービス)や航空写真などをベクトルに重ね合わせる事ができます。

 




システムの一部としての利用
データベースシステム等に 埋め込んで使う事ができます。

※2次元平面図GoogleMapと3次元立体建物表示が連動さしているところ
既存GISの置き換えとしても
アプリケーションタイトルも自由に編集できますので、例えば既存のシステムブランドのアプリケーション群の 一機能として加えることも可能です。

これまでのほんの一機能のために高価なGISエンジンを導入する場合もありましたが、今こそ見直しの機会かもしれません。 高価なGISエンジン部分をGIS Matildaに置き換える事も可能になります。ぜひご相談ください。

その他・おまけ情報
・エンジンの開発拠点(ヨーロッパ)の情報
・他のGISとの比較とベンチマークテスト
・よくある質問と回答(Q & A)



モバイル版(iPad版)
現地に持って行って使いたいという非常に強い要望に基づき、パフォーマンス、レスポンスともに最新のiPadとともに現在も進化をし続けています。


予算がないとか、作業場所がないとか、時間がないとか・・・昨今によくあるキツい工期に人は困った時に色んな言い訳をするものですが、全て解消するのがモバイル版です!

詳細はこちらのページにまとめています。


ASP.NET版(ウェブ版)
ウェブブラウザ上で動くタイプのものもあります。用途によっては非常に有効活用できる時があります。
ブラウザはメジャーなもの(Google Chrome,Firefox,InternetExproler,Opera,Safari等)で動作確認がとれております。


詳しくはこちらのページにまとめております。

導入実績
マチルダエンジンを使って作られたシステム等の導入実績の一部抜粋(全世界対象)です。
本当はもっとたくさんあるのですが、公開可能なもののみに限定しています。
特に、日本の自治体や企業様はなぜか公開をあまり好まないので公開可能な分だけ載せておきます。

アメリカ ICAROS社の次世代地理空間情報のOneButtonデータビューアシステム
アメリカ ミシガン州警察 交通事故マッピングシステム
アメリカ ミシガン州 学校校区管理システム
アメリカ 空軍Modern Air Combat(MACE) by バトルスペース シミュレーション社(BSI)
アメリカ 農務省のi-Tree ECO TreeGIS
アメリカ バージニア州ワシントンDC ProximityOne社 アメリカ下院議員団調査システム(with ASP.NET版)
ドイツ パーダーボルン電子商取引業社(Mettenmeier GmbH)のオフラインGISビューア
ドイツ 海上防災管理支援計画システム
ポーランド マウォポルスカ県の道路マネジメントシステム
カナダ タウンスイートERP for 政府自治体
スイス geologix社による「Logo」道路管理システム
スイス 連邦政府 鉄道インフラマネジメントソリューション
・ 日本 兵庫県丹波市 空き家調査対策(with モバイルマチルダ)
・ 日本 ジェイアール西日本コンサルタンツ株式会社 サイン管理現地調査システム(with モバイルマチルダ)

ダウンロードと更新履歴
・ダウンロードサイト(2020年7月からSSL対応版に変更されました(既存ユーザーの方は1回だけ手動ダウンロード対応をお願いします)
・更新履歴

詳細情報
(デスクトップ版マチルダの詳細マニュアルサイト)
(モバイル版マチルダの詳細マニュアルサイト)

ご意見やご感想ご要望はこちらまでお願いします。