ウェブマップタイルサービス(WMTS)
GIS MatildaではWMTS(ウェブマップタイルサービス)の地図、いわゆるOpenGISの「OGC」のデータを表示することができます。

インターネット上のタイルサーバー地図を自由に表示
メニューバーの

ファイル(F) → WMTS(ウェブマップタイルサービス)を読み込み(W)

を選択するとダイアログが表示されます。世界各国が無償で公開しているWMTS地図のアドレスを指定することで、レイヤーを自動的に取得し、1クリックでGIS Matildaのビューウィンドウに表示することができます。


また、その表示されている地図レイヤーをファイル化(レイヤー定義情報ファイル化)することで、GIS Matildaの通常のレイヤーと同じようにプロジェクト内に埋め込んで扱うことができますので、座標系が合えば通常のベクトルレイヤーと重ね合わせて利用することが可能です。

国土地理院の公開する地図タイルサービス
当社のサーバースペースに公開用XMLを置きましたので、このアドレスを選択または指定することでグリッドの中から地図の種類を選んでレイヤー追加をすることができます。


・フル版(レイヤー数:6425個)
http://tsukasa-consulting.net/jpn/gis/matilda/wmts/tc_gsitiles_wmts.xml
・軽量版(レイヤー数:5個)
http://tsukasa-consulting.net/jpn/gis/matilda/wmts/tc_gsitiles_wmts_light.xml

 

(マニュアル一覧に戻る)

(全体的な紹介ページを表示)