編集機能の説明
編集機能は表示されているデータ情報に変更を加える機能です。
現在のGIS Matildaのバージョンではシェープファイルの属性データ(DBF)を編集することができます。

属性編集の方法
ある地図データの1つの要素をクリックした時に表示されるサンプルですが、この中の情報の変更が可能です。
編集を開始するときは右クリックメニューから「この属性を編集する」をクリックします。
オプション設定で指定していれば、グリッドをダブルクリックすることでも編集モードに入ります。

保存の方法

背景が白い部分の情報を変更可能です。
ここで変更したあと、右クリックメニューから「保存終了」を選択することで情報保存されます。
保存を中止したい場合は右クリックメニューから「破棄終了」をクリックします。

2バイト文字(日本語)がラベルに存在する属性ファイルの編集
本来、シェープ形式の属性ファイル「*.dbf」ファイルのラベル(フィールド名)には2バイト文字を使用することはできません。(SHP形式の仕様がそうなっています。)
しかし、現実問題として「*.dbf」ファイルのラベルに2バイト文字が使用されているケースが多々あります。

GIS Matildaでは2バイト文字を扱うために、マルチバイトフィールド名設定ファイル(*.shp.fld)を採用しています。
これは「*.dbf」ファイルのラベルをASCII文字に置き換えた上で、ラベルの対応リストを記述したものです。
2バイト文字がある属性ファイルを編集した際に自動的に行われます。

図:置き換えられたラベル

図:「*.shp.fld」の対応記述

なお、Matilda上では「*.shp.fld」を解釈し、本来のラベルで表示します。
図:Matilda上での表示

このままではフィールド名が変わったままになってしまいますので、 別のシステムで使用する場合には、最終的にDBFファイルのラベルをもとに戻す必要があります。
Matildaにはこの機能が用意されています。
メニューのツールより「シェープDBFラベル変換」を選択します。
図:DBFラベル変換
実行すると出力先にラベルが変換されたシェープファイル一式が出力されます。
少し手間ですが、Matildaは国際標準に合わせるよう開発しておりますのでご了承ください。

 

(デスクトップ版マチルダの詳細マニュアル一覧に戻る)

(デスクトップ版マチルダの全体的な紹介ページを表示)

(デスクトップ版のアプリケーション更新履歴)